黄望福(Wangfu Huang)

1993年 | 中国

1993年 湖南生まれ、2016年四川美術学院パブリックアート専攻卒業、現在北京在住。

90年代に生まれた私たちにとって、幼少期や青年期は大きな変化を遂げた。 子供時代はストリートゲームからオンラインゲームへと変わり、生活のスピードは速くなり、インターネット時代は便利さと共に不安と麻痺をもたらし、過去を掘り下げて昔の記憶を作品で表現している。

子供時代の「生活図鑑」は、記憶の中のロケーションの美学でもあると思った。これらの要素を再発見し、新しい意味を与えようとして、過去に存在するものを恋しく思うノスタルジックな人間である。